ネットの戯言

ドコモの料金が高い。SIMに乗り換えると安くなるか

ドコモをはじめとする携帯電話業者の料金体系

ドコモ・au・ソフトバンクは日本においてスマートフォン販売のシェアを大きく占めている通信事業者です。

ほとんどの方がこの3社のどこかと契約をしているのですが、ここに格安SIMという考え方が登場しました。

これにより、私たちは、ドコモ・au・ソフトバンク以外にも、自分にあったプランを提供してくれるさまざまな業者から、スマートフォンを利用する通信会社を選定することが可能になったのです。

こうした格安SIMの登場をきっかけに、ドコモをはじめとする既存の大手携帯電話キャリアの通信料の高さが浮き彫りとなっています。

そもそも、大手携帯電話キャリアの通信料は何故高いのでしょうか。それは、大手携帯電話キャリアのビジネスモデルにあります。

ドコモ・au・ソフトバンクのスマートフォン契約の推進の方法として、端末を非常に安価で提供したり、新規契約をしたユーザーにキャッシュバックサービスを行ったりと、端末にかかる料金を、通信料金というランニングコストで改修するという戦略をとっていたのです。

大手携帯電話キャリアのビジネスモデルは、「端末ありき」で、いかに端末にかかる費用を安く見せるかに躍起になっていた結果、現在のような料金体系となっているわけですね。

格安SIMで料金体系の考え方が変わる!

一方、格安SIMの場合、販売するのは端末ではなく、データ通信サービスです。

そのため、その気になれば端末は今まで利用していたものを使いまわすこともできますし、昔使っていて物置に眠っているような端末を引っ張り出してきて使うことも可能です。

格安SIMは端末によるコスト障壁を取り払うことに成功したのです。

ただし、現状では、ドコモの端末はドコモの回線を借り受けているMVNO業者、auの端末はauの回線を借り受けているMVNO業者でしか利用できないので注意が必要です。

端末に制限が特にかかっていないSIMフリー端末であれば、こうした制限は気にせずに利用することができます。

格安SIMが台頭してきて私たちにとってありがたいこと

それは、今まで大手携帯電話キャリア3社が独占していた市場が、さまざまな企業に解放されるということ。

これにより、競争の原理が働き、私たちにとって有利なプランが続々と登場してきます。

現に、現在も、さまざまな企業が趣向を凝らしてお得なプランを考えてはリリースを繰り返しています。

私たちはその中から、自分にぴったりのプランを選ぶことで、通信料金を最適な状態に保つことができるのです。

データ通信量が多い人は注意が必要

大手携帯電話キャリアと契約していた人が、格安simに転向する場合は、自分がどの程度のデータ通信量を使用しているのかをしっかりと把握しておきましょう。

というのも、大手携帯電話キャリアはパケット定額サービスを契約している人がほとんどで、あまりデータ通信量を気にすることはなかったかと思うのですが、格安simサービスでは、データ通信量の制限が厳しく、毎月定められたデータ通信量の制限を越えると、通信速度が極端に遅くなります。

やっぱり通信速度を制限されてしまうと色々不便に感じてしまうことがお送りなりますよね。

とはいえ、データ通信量の制限を超えてしまった場合は、パケットチャージやクーポン購入など、それぞれの格安simサービスが定めている制度を利用することで、データ通信量を追加購入することが可能です。

あまりにもデータ通信量が多い人にとっては、逆に割高になる可能性もありますが、四六時中動画を見ているようなヘビーなスマートフォンユーザーでもない限り、通信料は安くなることが多いでしょう。

ヘビーユーザー向けにデータ通信量制限が大きめに確保されている格安simサービスも存在しますので、よくリサーチした上でお得な格安sim生活を送りましょう。

関連記事

  1. ネットの戯言

    スマートフォンの速度制限時に快適に利用できないサービス

    あなたが先月スマートフォンで使用したデータ通信量を、私だけにこっそり教…

  2. ネットの戯言

    モバイルルーターのWIMAXやポケットWiFiの違いやそれぞれの利点

    スマートフォンが登場しデザリング機能が当たり前にはなりましたが、同時に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. ネットの戯言

    スマートフォンの速度制限時に快適に利用できないサービス
  2. ネットの戯言

    ドコモの料金が高い。SIMに乗り換えると安くなるか
  3. ネットの戯言

    モバイルルーターのWIMAXやポケットWiFiの違いやそれぞれの利点
PAGE TOP