ネットの戯言

モバイルルーターのWIMAXやポケットWiFiの違いやそれぞれの利点

スマートフォンが登場しデザリング機能が当たり前にはなりましたが、同時にタブレットやスマートウォッチのようなネットにつなげる機器も増えたのでモバイルルーターの需要は減らず、むしろ格安SIMなどで増えていると言えます。

そんなモバイルルーターの中でも古くから人気が有るシリーズがWiMAXとポケットWiFiです。

ポケットWiFiとWiMAXの違い

PocketWiFiもWiMAXも基本的には「モバイルルーター」と呼ばれるジャンルになります。
PocketWiFiはイーモバイル(現Ymobile)が持っていた商標で基本的な性能はモバイルルーターと変わりません。

実際ポケットWiFiとしてワイモバイルが販売している機種と同じ物が他社でモバイルWiFiルーターとして売られている事があります。

一方でWiMAXは本来通信技術の無線規格の一つです。

これはケーブルテレビやインターネットなどの最後の工程、つまり利用者にネットを届かせるための「ラストワンマイル」への利用が期待されている技術です。

日本においては、山村や利用のネット環境を強化するために地方ケーブルテレビ局や通信事業者大手が実証実験や導入を行っていますが、モバイル通信界隈ではauの子会社であるUQコミュニケーションズが同様の技術を使って提供する製品やサービスの事を指すのが一般的です。。

会社から見るそれぞれの違い

ポケットWiFiとWiMAXの違いですが、まずは提供会社の違いという事が上げられます。

よく勘違いされることなのですがポケットWiFiを提供するワイモバイルは、MVNOのようにSoftbank回線の間借りをしていたり、Softbankの子会社という訳ではなくソフトバンク株式会社が提供する商品ブランドです。

なのでソフトバンクからもポケットWiFiという名称でモバイルルーターが売られていますし、ワイモバイルとの契約でソフトバンクが提供するソフトバンクWiFiスポットが利用できます。

また乗り換えの際のキャッシュバックもauとDoCoMoが対象でソフトバンクは対象外になる事が多いようです。

一方でWiMAXはauブランドを提供するKDDIグループの会社です。なのでauスマートバリューに加入する事を条件に割引制度があります。こちらはソフトバンクWiFiスポットのようにauが提供するWiFiスポットが使えるという訳では有りませんが、オプションとしてUQ Wi-Fiプレミアムという無料WiFiスポットサービスを利用する事ができます。

容量面では?無制限プランの有無

通信容量の面で二つを比べてみると、ワイモバイルが7G前後の通信制限が有る一方で、WiMAXは上限なしプランも提供するなどWiMAXの方が有利です。

現在ワイモバイルが提供しているプランは三つで、高速通信の容量が毎月5Gまでながら2480円で利用できるプランSSと3696円で7Gまで使えるプラン2、そしてAXGP対応エリアなら4380円で上限なしで高速通信が利用できるプランLの三つです。

一番注目したいのは上限なしプランのLです。ただこれはAXGPという通信規格に対応しているエリアでアドバンスモードに切り替えて利用した場合という条件付きとなっているので全国どこでも使えるという訳では有りません。

ワイモバイルのホームページにてアドバンスモード対応エリアを確認する事ができますが、都市部であれば対応している所が多いのですが山間部は未対応のエリアが多く、全国どこでも対応しているとは言えません。

またここで上げた値段は三年縛りを適用した場合であり、契約期間に規定がないプランだと一万円近くまで月額料金があがります。

WiMAXが提供している料金プランは通信量が7Gの制限があるツープラスと月の通信量に上限がないプランのツープラスギガ放題の二つです。

特に注目されるのが後者のギガ放題プランで、通信容量に制限が無いという事でモバイルルーターとして外で運用するほかに一人暮らしなどの新生活の際に家庭のネット環境として導入するという方法がおススメされているほどです。

料金はツープラスが3696円、ギガ放題が4380円で両方とも二年縛りが条件となっています。
ただし注意点としてギガ放題プランにおいて月額の通信制限はありませんが、3日間で合計3G以上利用した場合通信制限がかかる仕組みになっています。

どんな人が向いているか。それぞれの利点について

純粋にモバイルルーターとしての性能であればWiMAXの方が優れています。

制限があるとはいえ月の通信容量の上限がないというのは魅力的ですし、通信エリアもかなり広いです。またオプションサービスとして有料にはなりますが人口カバー率99%というauのLTEも利用できます。

ただ割引キャンペーンは少ないですし製品の数も少ないので、そう言ったサービスを望んでいる方にはお勧めできません。

ポケットWiFiは通信の面ではWiMAXに負けますが、割引キャンペーンやセット割りも多いですし、ソフトバンクやYahoo!と連結したサービスを受ける事が出来るというメリットがあります。
特にソフトバンクWiFiスポットは、大手キャリアの中でもトップクラスの普及率を誇っており日本全国どこでも使えます。

またポケットWiFiはテレビチューナー付きやモバイルバッテリー機能付きの商品など、製品の数も多いです。

このようにモバイルルーターとしての性能を求めるのであればWiMAX、通信サービス以外の連結サービスやルーターの選択肢が多い方が良いという方はポケットWiFiをおすすめします。

関連記事

  1. ネットの戯言

    ドコモの料金が高い。SIMに乗り換えると安くなるか

    ドコモをはじめとする携帯電話業者の料金体系ドコモ・au・ソフトバン…

  2. ネットの戯言

    スマートフォンの速度制限時に快適に利用できないサービス

    あなたが先月スマートフォンで使用したデータ通信量を、私だけにこっそり教…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. ネットの戯言

    モバイルルーターのWIMAXやポケットWiFiの違いやそれぞれの利点
  2. ネットの戯言

    スマートフォンの速度制限時に快適に利用できないサービス
  3. ネットの戯言

    ドコモの料金が高い。SIMに乗り換えると安くなるか
PAGE TOP